室内楽塾 in 東京

Music Dialogueでは、室内楽を通して、若手演奏家が経験豊富な演奏家と一緒に真の音楽創りを学ぶことで、アンサンブルの本質を理解できる優れた演奏家になるためのお手伝いをしていきたいと考えています。

指揮者・ヴィオリストとして世界の様々なオーケストラや音楽祭で音楽監督や首席奏者をつとめ、また長年指導者として多くの世界的な演奏家を育ててきた大山平一郎(Music Dialogue芸術監督)と室内楽を一緒に演奏しながら、国際レベルでの音楽創りのプロセスを体験していただく機会を提供します。

次回の開催につきましては、またこちらのページでご案内させていただきます。


facebook twitter LINE